人権教育講座講演会が行われました♪

こんにちは♪(/・ω・)/ ♪
佐倉市民体育館ですっ☆

雨続きの梅雨が明けて、うだるような暑さの夏、8月がやってきました!
雨でじめっとした季節が過ぎて重い暑さがのしかかってくる季節、夏へ。
立っているだけで頬をつたう汗、夏の風物詩と言わんばかりの蝉時雨
大木のような積乱雲。嫌でも夏だなぁと実感させられますね~(*´v`)



話は変わって、佐倉市民体育館では7月31日に人権教育講座講演会にてゴールボールが行われましたヽ(≧∀≦)ノ
この人権教育講座講演会では、共生社会を実現するために障害のある方々の為の施設設備だけでなく、障害者の方が直面している問題をしっかりと認識し、障害者の方が社会参加に積極的に協力する心のバリアフリーが大切です!
そこでこの講演会では、2020年東京パラリンピックの正式種目であるゴールボールを通じて障害のある方の実体験や、障害のある方に配慮したコミュニケーションについて学ぶ講演会です!! 


そもそもゴールボールとは何?となる方の為に簡単に説明しますっ!ヽ(´∀`)ノ


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ゴールボールとは
第二次世界大戦時に目に障害を負った軍人のリハビリテーションを目的として考案されたプログラムが起源となります
パラリンピックトロント大会で正式種目として選ばれ、後にオーストラリアでチャンピオンシップが開かれ世界的に広まっていったとされています
この競技は、バレーボールコート大のコートを使い、1試合前後半12分ハーフで行われます。1チーム3名の2チームでアイシェード(目隠し)を着用し、鈴の入ったバスケットボールサイズのボールを転がすように投げ、自身のゴールを守りながら相手のゴールにボールを入れることで得点が発生し、試合時間内でより多く得点を獲得することで勝敗を決するスポーツです
選手たちは音を頼りとして試合を行っているので、静かに見守ることが大切です
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年の1月にもゴールボールについて紹介している記事があるのでそちらも併せてお読みください!
http://sakuratopi.blog.fc2.com/blog-entry-115.html



それでは、人権教育講座講演会の様子をご覧ください!! (o´∀`o)ノ



DSCN5496.jpg



DSCN5499.jpg


このように様々な年代の方が参加して障害者の方々の様々な面を理解していくことで、共生社会にまた一歩近づけた気がしますよね(*´∀`*)

それでは、また♪(o・ω・)ノ))♪


日常 | 14:00:27